公益社団法人日本青年会議所 九州地区協議会

JCLIBRARY

  1. ホーム
  2. 熊本ブロック
  3. みんなでつくろう、みんなの学校

みんなでつくろう、みんなの学校

2018年06月03日

Slide 1
Slide 2
Slide 3
Slide 4

学校をテーマに授業形式で事業を行い、子ども達が友達や親子で協力して課題に取り組みやり遂げることで自分の価値に気づき、親子で一緒に取り組むことで新たな子どもの一面や気づきや学びのきっかけを作る「みんなでつくろう、みんなの学校」を開催しました。



楽しみながら体をたくさん動かしたり、親子で協力しながら墨画で七夕の作品を作ったり、最後にグループで協力しながら大津町の特産品や名所をベンチに絵を描いていただきました。工夫したり、難しいところは保護者や友達と協力したり、教え合ったりして最後まで授業に取り組んでいただきました。中には、上手くいかなくて泣いていた子どももいましたが、気持ちを切り替えて次の授業に取り組む姿がありました。子ども達が自分の立てた目標に向かってチャレンジしたという結果に繋がったのではないかと考えます。保護者も子どもの成長を感じたという意見をたくさんいただきました。
また、「いいねカード」を使って授業を通して自分の良い所や頑張ったところを見つけてもらい、自分自身の価値をも周りからから認めてもらうことで嬉しかったという観点から考えると、子ども達の自己肯定感に繋がったのではないかと考えます。


実施日

実施機関

URL

電話番号

2018年06月03日

東熊本青年会議所

http://higashikumamotojc.com/

096-292-1855

楽しみながら体をたくさん動かしたり、親子で協力しながら墨画で七夕の作品を作ったり、最後にグループで協力しながら大津町の特産品や名所をベンチに絵を描いていただきました。工夫したり、難しいところは保護者や友達と協力したり、教え合ったりして最後まで授業に取り組んでいただきました。中には、上手くいかなくて泣いていた子どももいましたが、気持ちを切り替えて次の授業に取り組む姿がありました。子ども達が自分の立てた目標に向かってチャレンジしたという結果に繋がったのではないかと考えます。保護者も子どもの成長を感じたという意見をたくさんいただきました。
また、「いいねカード」を使って授業を通して自分の良い所や頑張ったところを見つけてもらい、自分自身の価値をも周りからから認めてもらうことで嬉しかったという観点から考えると、子ども達の自己肯定感に繋がったのではないかと考えます。

実施機関

東熊本青年会議所

URL http://higashikumamotojc.com/
電話番号 096-292-1855